旅行・地域

2010年4月19日 (月)

小梅さんの優雅な小旅行

昨日は娘も部活がお休みだったので、小梅さんを連れてドライブに出かけました。
行き先は、伊豆シャボテン公園。
日帰り強行軍で1日の半分を車中で過ごしてしまいましたが、目的は小梅さんをここに連れて行くことだけなので、まぁ、よしとしましょう。

とりあえず、お約束の写真を撮影しました。
小梅さんは、どこにいるでしょう?

Shaboten1
意外になじんでます。(^-^;

ここが、園内に孔雀やリスザルなどの動物が放し飼いなのに犬連れで入ってOKって噂を聞いて、小梅さんを連れて行きたくて仕方なかったんです。

多少は制限があるのかなと思ったら、ダメだったのは、ワラビーや鳥が放し飼いされているコーナーと、飲食店内のみで、ほんとにかなり自由。
みやげ物店は犬連れOK、サボテン温室も出入り自由、柵で囲まれてる動物はそのまま近づいてもOK、なんとお猿さんのショーも犬が見学できたりと、ほとんど制限なしでした。
バッグに入れたり抱っこしたりの必要もなくて、犬は小型大型問わず、リードさえつけていれば、建物内もそのまま歩かせて大丈夫です。

こわごわポニーに近づいてみる小梅さん。

Shaboten5

園内の動物も慣れているのか、だいたいはワンコに対してはほぼ無反応です。
おもしろかったのはミーアキャット。外に一頭だけ立っていたのですが、小梅さんを見ると、キャン!キャン!と鳴き声をあげ始めました。ミーアキャットの声は初めて聞きましたが、キャットというわりに犬、特にチワワとか小型犬の声とそっくりでした。
巣穴の外に見張り役が立って、敵を見つけると警告の鳴き声をあげる習性があるらしいのですが、もしかしたら小梅さんのことを「猛獣が近づいたので用心!」と思ったのでしょうか。ワンコ連れ込みは、動物たちの野生の緊張感を保つ役割を果たしているのかもしれません。

ガチョウは強気で、小梅さんが近づくと完全に威嚇してました。
脅されてちょっと後ずさりする小梅さん。

Shaboten4
小梅さんが動物に興奮して吠えるようなことはありませんでした。
というか、せっかくつれてきたのに、どちらかというと無関心。
自分の方によってくる動物はちょっと見るけど、自分から近づく様子はありませんでした。

もともと、緊張するのか用心深いのか、自分のテリトリー以外に出るとかなり大人しくなる傾向がありますし、公園でハトを追いかけたりはしますけれど、それ以上に大くて見たこともない動物は恐いんでしょうかね。

ちなみに、一番反応していたのは、白熊。
かなり恐かったらしく、びくっと後ずさりして、こわごわのぞいていました。

Shaboten9
っても、それ、剥製だけど。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)