« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月27日 (水)

サスケ氏の受難は続く

さっすが!イケメンはエリザベスカラーもばっちり!
モデルポーズの斜め45度の横顔もきまってる!

Dsc_0029

なんて、テンションあげてる場合じゃありません。

サスケさん、先週、ひどい腸炎で病院行きましたが、治ったと思ったら、今週はこれ。
おとといの夜から目やにがひどくなって、受診したら「ぶどう膜炎」とのこと。

Dsc_0027
幸い角膜に傷等はなく、この炎症に関しては軽傷で、しばらくは日に三度ほど点眼して、また経過を診てもらうことになりました。
エリザベスカラーは、やはり炎症せいか目が不快らしく、前足で目をこすってしまうので、その防止につけています。

ぶどう膜炎という響きが仰々しいですが、「ぶどう膜に炎症」というだけの意味で、正確な原因は不明です。細菌の感染、注射の副作用、まったく別の内臓疾患からくる場合とか、この症状が出る原因はいろいろあるそうですが、半分ぐらいは原因不明で、だいたいは点眼ぐらいで済むし、基本は対処療法なんだそうです。
ただ、柴犬は、他の犬種より緑内障が発生率が高いと言われていることと、軽症でも放置すると緑内障が出たり、失明などに進行する可能性もある病気なので、一通り眼圧なども検査してもらいました。
結果、眼圧は正常で、ひとまず炎症は軽度でした。

ちなみに、なんだか、カラーとサスケ本体のサイズのバランスが微妙におかしいのですが、この体高だと通常Mサイズのところ、首ががっちりしすぎてぴたぴたになるため、Lサイズ着用になったという・・・。
筋肉質な柴犬の運命ですね。

カラーの着用は嫌がるかと思ったのですが、それほど気にしていない様子。
というか、まったく気にせずいつも通りに突っ込んでいくので、あちこちぶつけているらしく、サスケが歩いていった方向から、がつん、どかん、ずがっ、とかいう音が聞こえてきます。
見に行くと。

Dsc_0033
お気に入りのスペース「靴箱の下」に入りたいらしい・・・。
いや、どうみても無理な気がするんだけど。
サスケさん、すみません。それ、病院からのレンタルなんで、こわさないでくださいね。

ずがっ、ずがっ。

いや、無理だって。あきらめなよ・・・ Σ( ̄ロ ̄lll)

うわ。入った。
Dsc_0035
あとで、出て来れない、に賭けたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

心配事

Dsc_0019_2
いかにも元気なさそうな顔で寝ているのはサスケさん。
ゆうべから、お腹の調子がよくないのです。
昨日夕方の散歩で、少しゆるめのウンチかなという感じだったのですが、夜遅くから朝早くに何回か下してしまい、血便もあったことから、午前中、病院が開くのを待って診察してもらいうことにしました。その間にも、今度は嘔吐まで。

歩いているし、意識がないとかいう状態でもないのですが、飼い主、もう、焦りまくり。
サスケは、これまで3年ちょっと、ちょっとゆるいかなと思う程度のことはあっても、こんなひどい下痢をしたことがないのです。まして血便とか。

柴犬は、我慢強い子が多くて、飼い主が見ておかしいなと思うような状態になっていると、もうかなりの重症というケースも珍しくありません。
胃腸の重病だったらどうしよう、などとおろおろしながら、病院へ。
こと細かに、何時に何回どいうしたとか、どういう感じか、必死に説明。
たぶん、小梅がその時どうしたとか、獣医さん的にいらない情報もしゃべっていたかと(笑)

「こういう症状が出るやっかいな病気もありますが、それはものすごくレア。たぶん、普通の、わりとある大腸炎だと思いますよ」
「犬・猫は、人間よりは、血便がでやすいです。人間だと、腸内のポリープとか病気のせいという場合が多いんですが、犬・猫は、そこまで病的なものでなくても混じることがけっこうありますから」
「あと、体の構造上、胃と腸が直接影響しあうので、腸炎が起こると嘔吐も同時に起きることが多いです」

ちょっと安心。
とりあえず、腸の炎症や胃酸を抑えるための注射を2本打ってもらって、あとは数日間投薬をしてウンチの様子を見る、ということになりました。
ご飯は食べるようなら、少量からあげてみてくださいとのこと。

注射が効いたらしく、治療後から下痢は止まっていて、朝は食欲がなく食べなかったご飯も、夜は「はよ出せ」と要求してきていました。
調子が悪くなると困るので、いつもの1/3ぐらいで。

お水も、ちょこっと制限中です。
注射された薬は、喉が渇きやすくなる影響があるそうで、もしかしたら、帰宅後がぶがぶ飲むかもしれませんが、この状態でいきなりがぶ飲みするとまた嘔吐する可能性が高いので、2時間以内はひとなめ、その後も少しづつ、ということなので。

親子でかかりつけの獣医さんなのですが、
「お母さん(小梅のこと)のお水があると、飲んじゃうでしょうからね。お母さんにも協力してもらいましょう」

小梅さんも給水制限の影響を受けています。とんだとばっちり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »