« 自立した女ですから | トップページ | 季節なので »

2010年10月14日 (木)

小雪たんの将来像

ちょっと見てください。
http://ameblo.jp/sakura-no-nikki/

白柴のさくらちゃんのブログです。
なぜ紹介したかというと、実は、このさくらちゃん、父方・母方とも小梅さんと血縁なんです。

ってことは。

小雪たん、将来は、さくらちゃんに似る可能性大です。
白柴がいまいちピンとこなかった人も、イメージしやすくなったんじゃないでしょうか。
色は、変わらないんですよ~。

さくらちゃんが子犬の時に座布団の間にはさまって上向きになってる写真もあったりして、この血統の白柴に共通の遺伝子かと笑ってしまいました。
(さくらちゃんの紹介は、ブログ主のさくらちゃんパパに許可いただいてます)

ちょっと、親戚ついでの話。
小梅さん、実はひいひいじいちゃんが、日本ちゃんぴよんです。(さくらちゃんは小梅より代が一つ前なので、さくらちゃんにはひいじいちゃんかな)
全国展で大臣賞で、確か紀州犬と四国犬だったか、他の犬種もあわせた合同展なので、その年の“日本犬・オブ・ザ・イヤー”ヽ(´▽`)/
どこかのマニアックなHPで「伝説の柴犬」と紹介されているのを見たことがあります。
伝説て(笑)

その息子たちが、これまた柴犬部門の全国一位と二位。小梅さんから見て、一位の方が母方のひいじいちゃん、二位の方が父方のひいじいちゃんです。
ラインブリーディングというらしいんですが、「いい犬」の血統保持のためには、同じ血統同士を交配するのがいいのだけど、近すぎると近親交配の害がでるので、ちょっとあけてから、またもとの血統どうしを掛け合わせるそうです。
小梅さん・さくらちゃんは、そうやって産まれたんですね~。

というと、ものすっごい血筋に聞こえますが、うちに来たって事は、展覧会でいいとこ行く可能性なしと判断されて早々と家庭用ペットとして放出されたってことなので、ま、本人はいたって平凡な柴犬です。
強いていえば、今流行の小柄でスリムな豆柴風には程遠く、女子にしては胸板厚くがっちり筋肉質で、「昔ながらの柴犬」って体形に片鱗があるぐらいでしょうか(笑)

いいの。柴犬女子の美人度は、筋肉の量に比例するの。マイ持論。

|

« 自立した女ですから | トップページ | 季節なので »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333956/37222125

この記事へのトラックバック一覧です: 小雪たんの将来像:

« 自立した女ですから | トップページ | 季節なので »