« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

小雪たんの近況

臨時ニュースをお伝えします。
小雪たんが旅立って一週間、最新画像が届きましたので、近況をお知らせします。
まずは、こちらをご覧ください。

Koyuki
どう?どう?
びっくりしましたね!?
私もびっくりしました。
1週間で、すごくしっかりした顔つきになりました。

こないだまで、こんなだったのに。

P1030743
新しい飼い主さんというか、お譲りした相手は熟年のご夫婦なのですが、息子さんやお孫さんが隣近所にお住まいで、広いお家でたくさんの家族に可愛がってもらっているそうです。

大人びたのは、もちろんこの年頃なりの成長の速さもありますけど(なにせ、1年で人間で言えば中学校生ぐらいまでになりますからね)、なんだかんだ言って も一人っ子だからと甘やかし放題のママンとばぁばの元を離れて、切磋琢磨しあう「きょうだい」もできたからでしょうか。

おまけに専用ドッグランに、プールとテニスコート。
寒くなって水を抜いてあるプールの中で遊ばせてもらったりしてるそうですよ。
これまた斬新なプールの使い方。
確かに、道路に飛び出したりする心配はないですね。
いったい、ワイルドなのか、お嬢様暮らしなのか。

notesおとなの階段の~ぼる~
君は まっだ シンデレラっさnotes

歌えたあなたは、同世代。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

小梅さんの優雅なブレックファースト

小梅さん、妊娠の後半からは、ドッグフードを嫌がらずに食べておりました。
お腹が空いてぜいたく言ってる場合じゃないんだな、と思っていました。

ところが、気づくと、高級品しか受け付けず。

フードは、今年に入ったあたりから、小梅さんがフン!とするので、気に入っていただけるものを探そうとあちこち変えていたのですが、妊娠・授乳期用に、久々に獣医さんもお勧めのおフランスのメーカーのものに戻しました。トッピングなしでも、食べる食べる。

犬用おやつも、素材のままの肉や魚をゆでたり乾燥したりしただけのものは食べるのですが、肉に他の材料を混ぜて成型した偽物なジャーキーとか、穀類メインのビスケットなどはNG。パンの耳なんか、欲しがりもしなくなりました。
散歩中、知り合いのワンコの飼い主さんからおやつをもらっても、( ゚д゚)、ペッ なんて失礼な態度をとる始末。
ある意味、ぜいたくが進化してたともいえますが、人間の女の人が妊娠して酒やタバコをやめるのと同じでしょうかね。

今朝のこと。
さ、朝ごはんをあげないと。
とりあえずフードをちゃんと食べてくれるので、ご飯はめんどくさくなくなったわ、と振り返ると。

P1030862
自主的に朝ごはん食べていらっしゃった!
しかもパンの耳!

P1030863
ぜんぜん気にせず2本目いかれるんですね?

P1030865
立ったままじゃ食べにくいから、あっち持ってくわね。

いや、小梅さん。そういうことじゃなくて。
もうちょっと飼い主の「ダメ!」って声を気にしてくださいよ。

ジャンクフード食べない主義はどこへ?
妊娠中と授乳中だけの期間限定ヘルシーライフですか?
自分はハンバーガーで育ったくせに、子どもには自然食とか押し付けるにわかスローライフママですか?

ますます小梅さんがわからなくなる今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

小梅さんの優雅な独身生活

今日の夜散歩は、久々にちょっと離れた空き地に行きました。
どうかなと思って取り出したボールに目が爛々。

投げると満面の笑みでぴゅーんと走って行って、持ってくる。
投げる、持ってくる、投げる、持ってくる。何回もやりました。

そういえば、妊娠してからこっち、3ヶ月以上も思いきり走り回るようなことをしていませんでした。小梅さん、ずっと我慢してたのね。えらい、えらい。
空き地で追いかけっこもしました。
あ、私が追いかけられる方です。「狩られ役」ともいいます。
ふくらはぎを狙って倒そうとするんですよ。あったまいい!って、ほめてる場合じゃないか。
さ、小梅さん、いくよー!

数分後。

ぜえはあ、ぜえはあ・・・。
ゆるゆるした散歩ばっかりしてるうちに、私の体力が衰えとった(;ω;)
足の筋、ぷちって行きそうです。

いや、でも、出産に育児にがんばった小梅さんが満足するまで、私もがんばって遊んであげたいと思います。

って、せっかくママと小梅さんの愛情物語が再開したってのに。

P1030789
雑巾で床をふいてる私をそんな上から目線で見下ろすことないじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

小梅さんの優雅な躾け

小梅さんは、けっこう元気です。
夜中にちょっと、きゅいーんと小雪を探して鳴いてましたが、朝になったら元気でした。

オモチャをもってきて遊ぼう遊ぼうも、
台所でおこぼれを待つのも、復活。
きっと、今までやりたいことを我慢して小雪さんの世話をしてきたので、一気にふき出してるんでしょうね。

小梅さん、ほんと、思ったよりずっと立派に母親業をこなしていました。
よくやった。
母親経験のある柴犬は、人間(え?)に深みが出て、これまたどんどんおもしろくなります。今後にご期待。

さて、そんな小梅さんががんばって小雪さんに教えた躾を披露しましょう。
新しいおうちに行く直前には、こんな技を習得してましたよ。

布団の向きを間違えずに、まっすぐ寝ること

P1030799

きちっと、人と頭の方向をそろえて、しかも掛け布団かけたら肩の辺りのものすごくいい位置に布団が来る場所に寝るようになっていました。
今まで「上」とか「士」とか「テ」とか、ろくでもない格好で寝ていたのですが、ちゃんと3人で「川の字」で寝られるようになりました。
おっさん顔のままへそ天で寝るなんて、女子としてやばいですからね。

「おやつくださいビーム」の出し方

P1030797

本当に邪魔になる場所ではなく、ほんの少し気に場所に陣取るべし!
とびつくのではなく、上目遣いでじっと見つめるべし!
意地汚く迫るのではなく、静かにじっと見つめるべし!

見つめる目が4つに増えたここ数日、こらえるのがたいへんでした。

ヒトとして(え?)暮らす上で、大事なことばかりです。

新しい飼い主さんは、はたして「ビーム」に耐えられるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

小雪たん、旅立つ

今日、小雪たんが新しいおうちに行きました。
お迎えにやってきてくれたのは、パパ。いや、飼い主さんを例えてるんじゃなくて、実父です。

Papa1
Papa2
ちょっと前にパパの家に遊びに行ったことはあるので、会うのは初めてではないのですが、魁パパ、マイペースでまとわりつく小雪さんに戸惑い気味。
まぁ、犬種にかかわらず、子どもの扱いがうまいオス犬なんか、聞いたことないですからね。まとわりついても怒られないだけでも十分。

我が子なのかわかってくれているかは微妙ですが、「嫁」と同じ匂いがするので、攻撃対象ではないということはしっかりわかってくれてるみたいです。

その頃、小梅さんは。

あんた、子守は、まかせたわよ。

P1030815
私、ずっと子育てやってて、疲れてるのよ。
たまにはゆっくりさせてよ。

なんか、こんな家庭風景、よくある気がする。
でも、子どもはママの方がいいっていうのも、よくあること。

ママ~。パパ、遊んでくれないでちゅ。
ちゅまんないでちゅ。ママと遊ぶでちゅ。

P1030829
え?ちょ、ちょ、マジ?
やめてよ。疲れてるんだってば。

P1030830
小梅さん、顔ピク。
と、そこへしのびよる黒い影。

Papa3
小梅ママンに甘噛みでじゃれる小雪に、魁パパが一喝「ワンッ!」
次の瞬間、ママン、顔にしわ寄せて「ウワン!」

Σ( ̄ロ ̄lll) 魁パパに怒った!

子どもにそんな叱り方しないでちょうだい!ってか?
パパ、涙目。ママンのこと考えたのに。
こんな家庭風景、やっぱり見たことある。
なんだ、この、あまりに人間くさい柴犬一家は。

そして、ようやく撮れた親子三人のスリーショット。

P1030856
なんか、ビミョー。
全員がマイペースすぎる。
しかも、これだけ色が違うと、「両親と子ども」には見えない。
てか、それ以前に同じ犬種に見えないな。

こうして、しばし家族団らん(してたか?)のひと時をすごして、小雪はパパともう一人のばーたん(こっちは人間)と一緒に、新しいおうちに旅立ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

お掃除

とうとうマラカス真っ二つ。

P1030724_2
コブラも木っ端微塵で、床は木屑だらけです。
掃除しなければ、ということで、まずはホウキ。

さっさっ。
がっ!

P1030752_2
うおおっ!こいつめ!
じゃーんぷ!
P1030753

あんど、きゃーっち!
P1030754
あっちへ行っても

P1030758
こっちへ来ても

P1030759
どこまでもおいかけるでちゅよ。小雪は、ちばいぬでちゅからね。
てんせいのはんたーなんでちゅよ。

邪魔。ものすごい邪魔。
一個もゴミ取れない。

お?
小梅さん、登場。
もしかして、小雪たんの邪魔をやめさせてくれたり?

P1030760
な、わけないよね。

P1030761
とりあえず、見てるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

犬?

もう(`Д´)
また、ぬいぐるみ、床にちらかしっぱなし。

小梅さんと小雪たんが振り回して遊ぶからさぁ。
ワンコに片付けろって言っても仕方ないけど。

はあ。1こ、2こ、3こ・・・?

P1030790
なんか、違うもの混じってる。
違和感のなさに、びっくり。

獣医さんに行く途中、カバンから顔出してて、知らない人から「本物ですか?」って言われたな、そういえば。

もしかしたら、聞いてくれただけましで、「いい年してぬいぐるみを連れて歩くアブナイ人」って思われてたりするんだろうか?(゚ー゚;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

もうじきお別れなので

小雪たんが新しいおうちに行く日が近づいています。
昨日は、初めての予防接種に連れて行ってもらいました。
小さいうちからなじんだ方がいいだろうという判断で、新しいおうちの方でお世話になる獣医さんのところに、お父さんの魁君の飼い主さんが連れていってくれました。
産まれて初めて、実のお父さんとおばあちゃんにも会いました。
新しい家族とも会いました。

その間、ちょこっとだけ小梅ママンと離れていました。
目の前で小雪を連れ去られた小梅ママン。
「うちの子をどこへ連れて行くの!返して!きゃんきゃん!」

・・・なんてやることもなく、とっとと踵をかえして自分の散歩にゴー!
「ちょっと任せたわよ」みたいな。

家に帰ったら、久しぶりに台所で晩御飯のツマミ食い狙い。

子どもいるとゆっくりできないのよ。こういうこと。

Photo
わかるけど、どうなんだ。それって。

一方で、知らない場所に一人で連れて行かれた小雪たん。
「ママー、ママー。ばーたん、ばーたん (つд⊂)エーン」

・・・なんてやることもなく、注射された一瞬だけ「きゃい」と言ったものの、あとは逃げず、騒がず、おびえる様子もなく、最後は、スピー(-.-)zZ、だそうです。
やっぱり大物だわ。

ま、帰ったら、おっぱいがぶ飲みしてましたけど。
人間の赤ちゃんも、おっぱい吸うと安堵するので、同じでしょうか。

P1030723
でも、小梅さんも、小雪さんも、ほんと人間に対して警戒心なさすぎ。

小雪たんがうちから離れるのは、寂しいといえば寂しいですが、ぜんぜん心配はしていません。
知らないところでびくびくしてるってこともないし、人に囲まれると嬉しくなっちゃう性格のようで、それなりに図太くやっていきそうですし、ご近所だからもう会えないかもって心配もなくて、むしろ魁君と小梅さんには「小雪の弟妹計画」もあるので、ご縁が途切れることもなさそう。

おまけに、小雪たんてば、暮らしぶりも優雅になりそう。
なんと新しいおうちでは、小雪たんを迎えるために、

「広い別宅に小雪たん専用ドッグラン造成済」

プールとテニスコートもあるらしい。
まじっすよ。どんなセレブ柴犬になるんだ。小雪たんてば。

あ、でも、テニスはボール拾い係専門で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

ワンコの皿盛り

スピー(-.-)zZ
スピー(-.-)zZ

小雪たんの穏やかな寝息が聞こえます。
寝顔、可愛いんだろうなぁ・・・

って。おい。

P1030716
それ、枕じゃないよ。
ご飯入れ。

てへっ

P1030717
これ、さすがに頭も首も痛いだろうと思うんですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

顔芸

P1030709
こうやって、アゴをのっけて寝るのがマイブームらしいんですよね。

P1030711
んで、熟睡すると舌が出るのもお約束。
でも、この姿勢、顔が微妙に崩れるんだな~。

一発芸やりま~す。

P1030715
ブルテリア!

目標の「美人柴犬」から、どんどん遠くなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

季節なので

こんなもの買ってしまいました。

P1030675
これで小雪たんを小悪魔に変身させて、「トリック オア トリート」とか言ったら、むしろいたずらしてもらう方を選びたい、みたいな。
ぐふふ。
さ、小雪たんを呼んでみよう。
「こゆ・・・」

とてちてとて、かつかつかつ

あれ?すでにキュートな足音と豪快な足音が近くに?
うわわ

P1030677
ちょっと待って。まだ待って。
あとであげるから。
まず変身して、そんで写真撮って、頼むから。

がしっがしっ!
おもいちるでちゅよ!このかぼちゃめ!

P1030684
あああ。ぜんぜん頼まれてくれない。

こら、かしなさい!

P1030689
小梅さん!さすが小梅さん。ママンは、やっぱり子どものおいたはやめさせなきゃ。

ガブリ。
なかなか噛みごたえいいじゃない。

P1030688
って。あんたも参戦かい!

P1030691
フンガー

がるるる~

P1030693
ぐいっ!ぐいっ!
えい!えい!

P1030699
のびとる。かぼちゃ、のびとる。
やめて~。

P1030702
カボチャの季節だもんね。
仲良く親子でカボチャ狩り。
ハロウィンって、そういうイベントだったね。うん。そうしとこう。
文字通り、狩ってるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

小雪たんの将来像

ちょっと見てください。
http://ameblo.jp/sakura-no-nikki/

白柴のさくらちゃんのブログです。
なぜ紹介したかというと、実は、このさくらちゃん、父方・母方とも小梅さんと血縁なんです。

ってことは。

小雪たん、将来は、さくらちゃんに似る可能性大です。
白柴がいまいちピンとこなかった人も、イメージしやすくなったんじゃないでしょうか。
色は、変わらないんですよ~。

さくらちゃんが子犬の時に座布団の間にはさまって上向きになってる写真もあったりして、この血統の白柴に共通の遺伝子かと笑ってしまいました。
(さくらちゃんの紹介は、ブログ主のさくらちゃんパパに許可いただいてます)

ちょっと、親戚ついでの話。
小梅さん、実はひいひいじいちゃんが、日本ちゃんぴよんです。(さくらちゃんは小梅より代が一つ前なので、さくらちゃんにはひいじいちゃんかな)
全国展で大臣賞で、確か紀州犬と四国犬だったか、他の犬種もあわせた合同展なので、その年の“日本犬・オブ・ザ・イヤー”ヽ(´▽`)/
どこかのマニアックなHPで「伝説の柴犬」と紹介されているのを見たことがあります。
伝説て(笑)

その息子たちが、これまた柴犬部門の全国一位と二位。小梅さんから見て、一位の方が母方のひいじいちゃん、二位の方が父方のひいじいちゃんです。
ラインブリーディングというらしいんですが、「いい犬」の血統保持のためには、同じ血統同士を交配するのがいいのだけど、近すぎると近親交配の害がでるので、ちょっとあけてから、またもとの血統どうしを掛け合わせるそうです。
小梅さん・さくらちゃんは、そうやって産まれたんですね~。

というと、ものすっごい血筋に聞こえますが、うちに来たって事は、展覧会でいいとこ行く可能性なしと判断されて早々と家庭用ペットとして放出されたってことなので、ま、本人はいたって平凡な柴犬です。
強いていえば、今流行の小柄でスリムな豆柴風には程遠く、女子にしては胸板厚くがっちり筋肉質で、「昔ながらの柴犬」って体形に片鱗があるぐらいでしょうか(笑)

いいの。柴犬女子の美人度は、筋肉の量に比例するの。マイ持論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自立した女ですから

ここ数日、小雪たんが気に入ってるのが、なぜか玄関。

P1030646
みんなのいるリビングでもなく、お布団の敷いてあるケージでもなく、玄関で一人ポツーン。
一人にするのは心配なので、リビングに連れてくるのですが、戻しても戻しても、玄関に帰っていきます。
冷たいだろうとバスタオルを敷いてあげても、さくっと無視。

P1030648
目も開かないうちからきゅんとも鳴かず一人でもぞもぞしている子でしたが、最近ますます、母ちゃんにも人間にもべったり依存したりしない、いかにも柴らしい自立気質の持ち主だということがはっきりしてきました。

なんだこの自立ぶりは。
かまってくれないと、私が寂しいじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

初めての場所

小雪たん、カバンにインしてお医者さんに行くか、マンションのお隣のちびっ子に「小さいワンコ」を見せてあげることになって廊下で挨拶したぐらいしか、まだ家の外を知りません。

柴犬はもともとが用心深く、知らない人を受け入れにくい面があるうえに、我も強いので、吠えかかる・襲い掛かるが珍しくない犬種です。医師をしている弟が、「犬に噛まれて病院に来るほどの怪我をしてくる患者さんに原因を聞くと、圧倒的に多いのは柴犬」と言い切っていました。
「噛まれたらとりあえず来て。縫ってあげるから」って。
余計なお気遣いありがとう。

さて、小雪たんも、両親がフレンドリーとはいえ、あまり家・家族だけの中に閉じ込めすぎて飼いにくい性質が出ても困ります。
病気感染などの問題とバランスが難しいところですが、やはり家庭で穏やかにすごすためには、物音や他の人にはある程度なじんでおかないとまずいだろうと思います。

というわけで、まず外界の音と匂いから。
ベランダ初体験~

P1030674
と思ったのですが、
こわごわのぞくだけで、外に出る勇気はない(笑)
このまま、ずーっと外を眺めていました。
知らない匂いや、物音や人の声が入ってきて、それだけでびっくりだったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

某国にいるお友達へ

小雪たんに会いたいと願いつつ、遠くからブログを見るしかないものさしさん。
リクエストに答えて、小雪たんの大きさがわかるように、比較対照を並べた写真を撮りましたよ。

P1030657
比較対照は、akkoさんです。
ご協力ありがとうございます。 さんくす♪(o ̄∇ ̄)/
ついでにマラカスも並んでるので、大きさがわかりやすいかと(笑)

akkoさん、小雪たんとこんな感じで見つめあって、ラブラブして帰りました。
自慢話はたっぷり聞いてください。

P1030654

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

小雪たんの進化

え?

P1030663
ええ?

P1030662
えええ?

P1030665
座布団の隙間を利用しなくても、ちゃんと上向きに寝られるようになったらしい。

P1030659
犬の寝姿って、これで正しかったでしたっけ?
布団を肩までかぶって寝るようになるのも近いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

新しい寝相

草木も眠る丑三つ時。
撮影は、被写体に負担をかけないようにフラッシュなしでお送りしております。

電気も消して、さあ寝ようとすると。
小雪たんが小梅ママンのおっぱいに吸い付いています。

P1030639
小雪たん、歯が生えてきて、かまれるとけっこう痛いです。
なので、そろそろママンも授乳を拒否るようになってきました。
小梅たんがおっぱいに近づくと、さっと立ち上がって裂けようとするママンに対抗して、立ち飲みやら歩き飲みやら技を開発してきた小雪たん。
とうとう「寝込みを襲う」という卑劣な技に出た模様。

ひさしぶりに落ち着いておっぱいを吸う小雪たん・・・ん?
物音が聞こえない。
動きもない。

どしたの?

のぞきこんで見ると。

P1030640

おっぱいくわえたまま、寝てました。
器用だな、おい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

寝顔

親に似たのか、緊張感のない家で育っているせいか、ついヘソ天で寝てしまう小雪たん。

P1030630
寝顔をのぞいてみましょう。

P1030633
可愛い。可愛いが・・・美人とは言いがたい。
微妙に舌まで出てるし。

そして、奥のほうには、冷ややかな顔で我が子を見つめる小梅ママンが
P1030634_2
いや、ママンもたいがい人のこといえないって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

成長

ほんの一ヶ月前こんなだったのに。

P1030194
だいぶ「犬」らしくなりました。

P1030627
柴らしい三角の立ち耳、がっちりした体格にしっかりした足、口吻もほどよい丸みと厚みがでそうで、尻尾も上向きになってきています。こりゃ、なかなかどうして、ちょっといい感じの柴美人になるんじゃ。

この小雪たんを見て、ワン友が言いました。
「目、まだ開いてないの?」

は?

いやいやいや。全開です。おもいっきり全開。
これ以上開くと白目が見えます。

「開いてるよ」
「小さいよね?」

奥まった小さい三角形の目が柴犬なんだよぉ!
ガラス玉みたいにまんまるできょろっとした目のワンコとは違うの。
んっとに。失礼しちゃう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

同い年

2歳の姪っ子が遊びに来ました。
ワンコを間近で見るのは初体験です。
小梅さんを恐がるだろうなというのは予想通り。
ところが、ちっこい小雪たんのことすら「ワンワンこわい~(。>0<。)」

小梅さん、実はものすごく人間の子供が好き。
「ワンワン!」と言って盛り上がる幼児の集団に囲まれると耳でも尻尾でも触らせ放題だわ、朝の散歩では学校に向かう小学生と並んで登校しようとするわ、ものすごく優しいんです。私には激しいのに(笑)
姪っ子には、なでなでから始まって、投げたボールを取って来るパフォーマンスやエサやりなどで触れ合いを実践。どこを何しても怒らないワンワンに、姪っ子大満足。あっという間に平気になりました。

小梅さんが恐くなくなったら、「小さいワンワン」が恐いはずなどありません。
発達の段階から行くと、1か月の子犬と2歳の子どもって、ちょうど同じくらいです。
実年齢は、小梅さん(2歳8ヶ月)の方と同じくらいなんですが、友達はやっぱり精神年齢ですよね。
姪っ子は、行動のレベルが合ったのか、すっかり小雪をお気に入り。
抱っこして、写真撮影して、ずーっと「ワンワン、ワンワン」

P1030612
最後には絵本を持ち出して、
「ワンワン!一緒に見ようよ~」

んー。ごめん。
ワンワン、それはできないと思う。さすがに。

小さい子どもと子犬の組み合わせ、最強に反則だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

みんな癒されちゃってください

おっ!?
たいていどたばたしてる柴犬さん母子が静かです。
しかも、珍しくそっと二人で寄り添っています。

優しく微笑みながら我が子を見つめる小梅母さん

P1030607

寝ている我が子にそっと顔を寄せる小梅母さん

P1030606
いい!
何だ、この幸せな絵柄は。
たまにはいいですね。
こんな、ネタのない平和な風景も。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »