« 小梅さんの優雅な落し物拾い | トップページ | 小梅さんのいつもの仕事 »

2010年5月 7日 (金)

小梅さんの優雅な落し物拾い2

何?またボール投げて、隙間に入ったわけ?
ってかさ、こんなとこで人に当ててるからそんなことになるんじゃん。
いい加減、飼い主を的にするのやめたら?

うわぁ。意外に肩の関節柔らかいのね。

P1020369
どれどれ。
あ、口先がボールに届いてる。

P1020371
肩を下に押し付けつけることで、奥のほうまで上半身を突っ込む技を見出したらしい。
てか、そんな技を習得しなくていいから、飼い主をボール投げの的にするのをやめなよ。

でも、鼻先が届いただけじゃ、ボールを取り出すのは難しいかもな。

うおっ!
とった!

P1020372
横向きになって上半身を突っ込むことで、狭いところでも口を開ける技を見出したらしい。
だから、そんな技を習得しなくても・・・。

で、拾ったボールはどうするのかしら?
お、寝そべって小梅さんを激写している私の足をつんつん!

P1020374

何?もしかして?

ママー。
投げるよー。

P1020376
待って。やめて。
そのまま投げると顔面に直撃するから。

「ここではボール投げをやめよう」とか「ママに当てるのはやめよう」とかは一切考えず、あくまでママを的にしてボール投げがしたいために、いろんな工夫をしています。
頭いいな~。
でも、ま、この知能、できればもっと別のことに使ってほしいんですけどね。

柴犬というか、日本犬は全般にしつけが入りにくいといわれますが、あれはほんと。
誰にどんなシチュエーションで命令されてもきちっとこなすという、訓練向きの従順さはあんまりないと思います。
でも、バカじゃない。親のひいき目ですけど、むしろ、頭はものすごくいいです。自分がやりたいと思うとなんとか工夫するし、必要ないと判断すると命令されても「え?私がそれやるメリットってないでしょ?」的な目つきでそっぽを向くし。
「わがまま」とも違って、こちらがほんとに怒ることはしないし、小さい子や飼い主を威嚇したりもしないし、ブルーになってるとそっと気遣ってくれったりもします。自分のポジションとか、周囲の様子とか、その場に応じて自分で状況判断できる独立思考型なんですね。「パートナーシップ」を求める犬としては最高だと思っています。
日本犬、万歳!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

|

« 小梅さんの優雅な落し物拾い | トップページ | 小梅さんのいつもの仕事 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333956/34547790

この記事へのトラックバック一覧です: 小梅さんの優雅な落し物拾い2:

« 小梅さんの優雅な落し物拾い | トップページ | 小梅さんのいつもの仕事 »