« 勝手にアフレコ | トップページ | 小梅さんの優雅な季節感 »

2010年4月 7日 (水)

小梅さんのほんとに優雅なぜいたく

ワンコの食べ物って、最近は本当にいろいろ出てますよね。
ドッグフードもそうですが、驚くのはおやつ類。
人間と同じような見かけのクッキーやらケーキやらアイスやら。

同じものを食べさせてあげたい。
親として当然の気持ちです。
うちでは、時々小梅さんと人間の兼用おやつを手作りしています。

じゃん

P1010930
手作りの無添加パン。

Cookie
小梅さんのネーム入りクッキー。ヽ(´▽`)/

いずれも、砂糖や塩はごく少量にして、摂取して問題のない量を考えて作っています。
人間が食べると甘みは薄いですが、小麦の味がしっかりして量産品とはまた違ったおいしさがあり、口どけもとてもいいです。

原材料が100%わかる安心感、一緒に食べられる楽しさ。
たまに、ワンコと一緒にこういうぜいたく、お勧めです。

ちなみに、クッキーに名前を入れる必要性は、どこにもありません。

|

« 勝手にアフレコ | トップページ | 小梅さんの優雅な季節感 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

犬にイースト菌の食べ物はだめだよ。
気おつけて。あとチョコもだめ。

投稿: | 2010年4月13日 (火) 21時02分

へー。そうなんですか。
チョコ・玉ねぎ・イカ・タコ・刺激物なんかは有名ですけど、イーストもなんですか。知らなかったです。
あ、でも、同じものを食べるといっても、メインの食べ物にするほどの量じゃないですよ。指先程度。念のため。

行きつけの獣医さんがものすごく食べ物の管理にうるさい派で、原則フード以外禁止、おやつもダメ派です。
その病院では「これは絶対あげちゃダメ」って一覧表をくれるんですが、イースト菌は載ってなかったです。でも、普通にフード類の原材料で記載されているものが「これも避けるべき」に入ってるので、お医者さんの派閥によっていろいろ説があるような気もします。

で、おやつはばれるとしぼられるのですが、こっそりあげてます(笑)
これは、またぜんぜん別の獣医さんの本で「犬は飼い主と同じ食べ物を食べることでものすごく仲間としての一体感を持つ。犬の体によくないものがあるのは確かだけれど、ちょっと舐めただけですぐ死ぬみたいにいうのは騒ぎすぎ。それよりは、犬は量の多い少ないはわからないので、欲しがったら、一舐めとかひとかけ程度をあげて仲間だなって満足感を持ったらいい」というような話に影響を受けてます。
欲しがるだけあげると、今度は本当に病気とかリーダーシップとかの問題になってくるので、「リーダーがおすそ分けしてくれた」ってあたりのさじ加減らしいです。

でも、むしろ私が一体感感じてます(笑)

投稿: 小梅亭女将 | 2010年4月14日 (水) 03時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333956/34107720

この記事へのトラックバック一覧です: 小梅さんのほんとに優雅なぜいたく:

« 勝手にアフレコ | トップページ | 小梅さんの優雅な季節感 »