« 小梅さんの優雅なプライベート空間 | トップページ | 小梅さんの優雅なハンティング »

2010年3月 6日 (土)

小梅さんの、たまには本気で可愛いモード

かつかつかつ
小梅さんが歩いている音がします。

かつかつ言うのは、ハイヒールを履いているからじゃなくて、フローリングに爪が当たる音です。
そして、

こん!

パソコンに向かっている私の足に何かが当たります。
横を見ると、ボールをくわえた柴犬さんが。

Ball3
え?何?今の小梅さん?またボール投げの的に?と思っていると。
なんと、くわえたままのボールで膝をつんつん。

Ball2

ママー
これで小梅と遊んで~。

やだ。可愛い。

ママに投げて欲しいわけね。

おもちゃをくわえて誘うって、ほんと可愛いです。
普段はボール投げの的にされることも忘れるぐらい。
当然、ちょびっとお相手してみようと思います。

じゃ、ボール貸してくれる?

Ball5イヤ!

・・・え?なんで?
投げてほしいんでしょ?
だったら、ほら、貸してくれないと投げられないよね。

ほら、貸して。
うあああ

Ball4

ボールにぶらさがって阻止しようとする小梅さん。


ガルル!絶対わたさねぇ!

よこせ!

フンガー!ガウウ!放すもんか!

よこしやがれ!

しばし、格闘。

何?ボール投げて遊ぶんじゃなくて、ひっぱりっこ?
てか、ボール使ってひっぱりっこすると、あなたの牙があたっても痛いんですよ。

格闘に誘う時は、ああいう可愛い誘い方でくるのはやめてください。

|

« 小梅さんの優雅なプライベート空間 | トップページ | 小梅さんの優雅なハンティング »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333956/33623048

この記事へのトラックバック一覧です: 小梅さんの、たまには本気で可愛いモード:

« 小梅さんの優雅なプライベート空間 | トップページ | 小梅さんの優雅なハンティング »