« 小梅さんの優雅な主婦業 | トップページ | ほんとは仲良し親子 »

2010年3月21日 (日)

小梅さんのささやかな抵抗

娘とケーキを作っていました。
私と娘が二人で仲良くしていると、ママとお姉ちゃんばっかりずるい!と自分が仲間はずれになったように思うのか、邪魔をしに来る小梅さん。

間に割って入って、私の大好きな(と小梅さんが思っている)ボールで遊びに誘っています。

P1010964

でも、残念ながら小梅さんの相手はしていられません。
かといって、小梅さんにお菓子を作らせるわけにもいきません。
小梅さんは、卵も割れないし、泡立て器も持てないし(問題は、そこだけ?)。


P1010963

生地を型に入れる私と娘。
小梅さんは、引っ張りあいっこのヒモも持ってきましたが、やっぱり相手にしてもらえません。
じりじりと二人の間から、端っこに追いやられる小梅さん。

「小梅さん、ちょっと、一人で遊んでてちょうだい。」

聞き分けの良い小梅さんは、私たちのそばを離れました。
良い子じゃ。

生地は、型に2枚分ありました。
1枚の型に入れ終わって、テーブルに置きました。
もう1枚の型にも生地を入れおわり、さぁ、2枚とも一気に焼こうと振り返ると。

ああああ!Σ( ̄ロ ̄lll)

Baking

ない!生地が一個分ない!
全部入れたのに、消えてる!

その横で、必死に立ち上がってテーブルをのぞいていた小梅さんが、口のまわりをペロペロ。

お前か!お前だな!
必死で背伸びしても、端っこの一個までしか口が届かなかったんだな。

焼かない生地食べちゃだめでしょ!
いや、焼いてもダメか。

確かにね、卵とバターと砂糖と小麦粉。
ワンコにとっちゃとびきりおいしそうな香りがします。

でも、これって。
小梅さん、あなた、どんだけ計算しつくした仕返しをするんですか。

これ、人にあげるつもりで作ってたんですよ。

|

« 小梅さんの優雅な主婦業 | トップページ | ほんとは仲良し親子 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333956/33797438

この記事へのトラックバック一覧です: 小梅さんのささやかな抵抗:

« 小梅さんの優雅な主婦業 | トップページ | ほんとは仲良し親子 »