« 小梅さんの優雅なおやつ | トップページ | 小梅さんの優雅な寝床 »

2010年2月15日 (月)

小梅さんの優雅な一人遊び

寒い冬の夜更け。
こたつで静かに読書の時間を楽しむ私の背中に。

ガコッ

いきなり軽い衝撃がありました。
そして背後から、ととととっという小梅さんの足音。
歩いていて軽くぶつかったのねと思っていると、再び。

ガコッ

そしてまた、ととととっと足音。
何?ママと遊んで欲しくて誘ってるの?
そんなこと、時々ありますね。鼻先や足先でちょいちょいっとつついてくること。
可愛いなぁ。ちょっとじらしてやろうと、顔を向けずにだまっていました。

ガコッ・・・ととととっ

ガコッ・・・ととととっ

何度も繰り返してきます。なんだか力も強まってきたような気がします。
こら、もう、つつくのはいい加減にやめなさい。本読んでるから・・・

P1010737

え?何?口にくわてるのはテニスボール?何してるの?

こう持って、 

P1010742
こう振りかぶって

P1010736

このへんで放すとボールが飛びます。

P1010740

ガコッ

あ・・・。この衝撃は。
小梅さん、私の正面に当たりましたよ。テニスボール。
さっきからの衝撃は、それ、私の背中に投げつけてたんですか?

その通りです。

そんな投げ方なのに、すげえコントロールいいんですね。小梅さん。
全部命中してましたよね。

はい。そんでもって、当てて跳ね返ったボールを取りに行って遊んでます。

それで、ととととって足音がしてたんですか。

・・・てか、それ、テニスの壁打ちじゃないですか?
私は、的?的なの?

小梅さんの優雅な一人遊びでした。

|

« 小梅さんの優雅なおやつ | トップページ | 小梅さんの優雅な寝床 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1333956/33375893

この記事へのトラックバック一覧です: 小梅さんの優雅な一人遊び:

« 小梅さんの優雅なおやつ | トップページ | 小梅さんの優雅な寝床 »